潜入調査!本当に効果のある薄毛治療を探せ
潜入調査!
本当に効果のある薄毛治療を探せ
本当に効果のある薄毛治療とは一体どんなものなのか?体を張って、その答えを探しました。
育毛サロン潜入後記
薄毛治療クリニック潜入後記
頭髪復活を目論む諸兄に代わって、我々が薄毛治療クリニックを潜入取材。育毛サロンやクリニックでおこなわれる施術や治療の実態に迫ります。
聖心毛髪再生外来 評価A
湘南美容外科クリニック 評価A
恵比寿美容クリニック 評価A+
ヘアメディカル 評価B
AGAスキンクリニック 評価B
詳細を見る
詳細を見る
詳細を見る
詳細を見る
詳細を見る
薄毛治療クリニックの潜入比較 » どれを選ぶ?薄毛治療の作用・副作用まとめ » 治療薬

治療薬

薄毛治療薬として知られるプロペシア(フィナステリド)やミノキシジルなどの効果と、副作用などのリスクをまとめています。

フィナステリドとミノキシジルの有効性について

2010年、男性型脱毛症(AGA)の診断ガイドラインを日本皮膚科学会が発表しました。それまで効果が曖昧だった薄毛治療の方法を明確にランク分けしています。ランクは5段階に分けられていて、それぞれ次のように規定されています。

「A」行うよう強く勧められる
「B」行うよう勧められる
「C1」行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない
「C2」根拠がないので勧められない
「D」行わないよう勧められる

そして現行の薄毛治療法については、次のような評価を発表しています。

問い 項目 推奨度
ミノキシジルの外用は有用か 男性 A
女性 A
塩化カルプロニウムの外用は有用か C1
医薬部外品・化粧品の育毛剤の外用は有用か t-フラバノン C1
アデノシン C1
サイトプリン・ペンタデカン C1
セファランチン C2
ケトコナゾール C1
フィナステリド内服は有用か 男性 A
女性 D
植毛術は有用か 自毛植毛術 B
人工毛植毛術 D

日本皮膚科学会ではミノキシジルの外用は男女ともに薄毛治療に効果があると考えていることが解ります。またフィナステリド(プロペシア)の内服は男性には効果があるものの、女性には勧められないとしています。

また、医薬部外品や化粧品に含まれる育毛成分については、おおむね根拠がないというのが本当のところのようです。

ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルは血管を拡張する作用がある薬で、本来は高血圧の経口薬として開発されたものです。ミノキシジルを服用している高血圧患者に多毛症が多く発症することから皮膚科分野での研究が進み、脱毛や薄毛治療薬として全国的に使われるようになりました。

日本では大正製薬のリアップが有名です。

ミノキシジルの効果

1年間にわたるミノキシジルの臨床データによると、ミノキシジル(外用)の使用を始めて4ヶ月後には80%以上の被験者薄毛改善の効果が確認されています(軽度改善70.8%/中程度改善10.4%)。

使用開始後9ヵ月では軽度改善29.8%、中程度改善61.7%、明らかな改善4.3%と全体の95.8%にまでのぼり、1年後になると薄毛が改善した被験者の割合は、全体の97.8%(軽度改善11.1%/中程度改善66.7%/明らかな改善20.0%)に達しました。

ミノキシジルを使用して、1ヶ月から既に改善の兆しを見せる方が出始めます。その後、日数を重ねるにつれて中程度改善、明らかな改善を実感した人の総数が飛躍的に増えています。個人差はありますが、ミノキシジルを使用し続けることで、育毛治療効果が出るのは間違いないことが分かります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用については、ミノキシジルの外用薬として知られるリアップを発売している大正製薬の臨床検査結果が信頼できます。大正製薬によるとミノキシジルを外用薬として使用した場合、10%以下の利用者に副作用が認められたという臨床データが発表されています。

副作用が認められた利用者のうち最も多かったのが頭皮のかゆみで、かゆみの原因としては頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎などが上げられています。他の副作用としては眠気や倦怠感、頭痛、体重増加、むくみなどの症状も報告されています。

国内では販売されていませんが、海外から輸入されたミノキシジルのタブレットを内服する人もいるようです。ミノキシジルを内服すると、外用に比べて副作用も強くでるので注意が必要です。

ミノキシジルは本来血圧降下剤として開発された医薬品ですから、もともと血圧が低い人が服用すると過度の血圧低下を招いて重大な症状を引き起こすことがあります。また高血圧で医師から薬を処方されている人も、ミノキシジルを併用すると危険なので必ず医師の診断をあおいでください。

ミノキシジルの性欲減退作用

ミノキシジルをタブレットなどで内服する場合、性欲が減退することからEDを発症する危険性があることは良く知られています。

内服は頭皮のみに効果が及ぼされるものではなく、消化器官から吸収された成分が血液を媒体として全身に運ばれることで、全身各部の器官に様々な影響を与えます。

ミノキシジルの服用による性欲減退の副作用は報告されているだけでは利用者の5%未満に過ぎませんが、公表されていない人数を考慮すると実数はもっと多いと考えられます。日本ではミノキシジル内服薬の開発が動物実験段階の事故(心臓破裂)で中止になった経緯もあるので、タブレットなど内服薬の使用は避けた方が賢明でしょう。

プロペシアの効果と副作用

プロペシアは前立腺肥大の治療薬として開発されたフィナステリドを成分とする薬品です。

プロペシアを服用している前立腺肥大患者に薄毛改善の症状が多く見られたことから、脱毛症治療の薬として開発が進みました。国内でプロペシアを販売しているのは、萬有製薬(MSD)です。

プロペシアの効果

プロペシア(フィナステリド)は、抜け毛や薄毛を促進させるジヒドロテストステリロンの生成を抑える作用があります。そのため抜け毛が減ることによって、結果的に薄毛改善の効果が認められています。

プロペシアの臨床実験では、フィナステリド0.2mgのプロペシアを服用した被験者で54%、フィナステリド1mgのプロペシアを服用した被験者の58%に薄毛改善の効果が表われています。

またフィナステリドの臨床実験で特筆すべきは0.2mgを服用した被験者も1mgを服用した被験者も、どちらも薄毛が進行した被験者は5%以内だったことです。このことからフィナステリドには発毛効果は低いものの、抜け毛を抑制する効果があることが解ります。

プロペシアの副作用

プロペシアの代表的な副作用は性欲の減退(1.8%)」と「勃起機能の低下(1.3%)」です。副作用を訴えた人の割合は低いものの、男性機能に関わる副作用は子作りなど家庭形成にも大きな影響があるため見過しにはできない問題です。

理論上はフィナステリドは男性ホルモンに直接作用する薬ではないため、男性機能の障害を引き起こすことはないと考えられています。

しかし実際の臨床データでは明らかな障害が報告されていることと、プロペシアよりフィナステリドを多く含む前立腺肥大治療薬プロスカー(プロペシアは1mg、プロスカーは5mg)を服用している患者では6%から19%の人に男性機能障害が表われていることから、全く無関係と考えるのには無理があるようです。

ミノキシジルもプロペシアも「男性機能に障害はない」としているのは、多くがミノキシジルやプロペシアを使った治療を行っているクリニックや輸入薬の販売サイトです。売らんかなの無責任な喧伝に惑わされず、自分でしっかりと正しい情報を把握することが大切でしょう。

 
潜入調査!本当に効果のある薄毛治療を探せ