ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

薄毛治療おすすめクリニック3選

  • 聖心毛髪再生外来

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
  • 恵比寿美容クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    あり
    総合
    得点
    3/3
  • 湘南美容外科クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
本当に効果のある薄毛治療を探せ » どれを選ぶ?薄毛治療の作用・副作用まとめ » 育毛剤

育毛剤

育毛剤で薄毛対策できる…その理由は、科学的に根拠のある成分が配合されているから。商品選びに迷わないために、根拠のある成分を知りましょう。口コミで評判の育毛剤も3つピックアップしましたので、ぜひチェックしてみてください。

薄毛対策になる育毛剤とは

市販の育毛剤には様々な成分表示が並んでいて、どの成分がどのように効くのか簡単には理解することが難しいのが実情です。

ここでは一般的な育毛剤の成分から、特に薄毛対策に重要な働きをする成分だけを選んで、その効果を紹介しています。

育毛剤の成分と効果

名称 効果
フィナステリド プロペシアの主成分で、抜け毛を抑制する効果が確認されています。ミノキシジルと共に日本皮膚科学会から男性型脱毛の改善効果、Aランクの評価を受けています。
ミノキシジル 血管拡張作用によって頭皮の毛細血管の血流を改善し、発毛を促します。フィナステリドと共に日本皮膚科学会から男性型脱毛の改善効果、Aランクの評価を受けています。
センブリエキス 皮膚温度を上昇させることで、毛細血管の発達を促します。皮膚細胞の代謝を良くすることで、発毛を促進する効果が期待できます。
ビタミンE 抗酸化作用があり血行促進作用、血管拡張作用を合わせ持っているため、頭皮環境改善のために育毛剤に配合されることが多い成分です。
塩化カルプロニウム 第一三共ヘルスケアカロヤンシリーズの主成分で、血管拡張作用があります。
ペンタデカン酸グリセリド ライオン毛髪力シリーズの主成分で、細胞分裂を活性化する働きがあります。毛母細胞の分裂が活性化することによって、新たな発毛の効果が期待できます。
アロイン アロエに含まれる成分で、男性型脱毛の原因物質とされるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。
ビタミンB6 スキンケア製品に良く使われる成分で、過剰な皮脂の分泌を抑制する働きがあります。
アセチルメチオニン 毛髪の形成に必要なアミノ酸の一種。

口コミ・評判の良い育毛剤3選

その1:薬用プランテル

その2:チャップアップ

その3:M-1ミスト

育毛剤の注意点

日本皮膚科学会で薄毛治療に効果が認められている成分はフィナステリドとミノキシジルだけですが、効果が高いだけに使用法を誤ると重大な副作用を引き起こす危険があります。主な副作用の症状を以下で紹介します。

医薬品に分類される成分を含んだ育毛剤は本来医師の処方によって慎重に用いられるべきものです。素人判断で手を出さず、医師に相談して適切な使用を心がけることが大切です。

サイトマップ