ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

薄毛治療おすすめクリニック3選

  • 聖心毛髪再生外来

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
  • 恵比寿美容クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    あり
    総合
    得点
    3/3
  • 湘南美容外科クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
本当に効果のある薄毛治療を探せ » 毛髪に関する基礎知識 » タバコを吸うとハゲやすい?

タバコを吸うとハゲやすい?

タバコは体に悪影響を及ぼすことが常識となっていますが、薄毛とも関係があるのでしょうか?

タバコと髪の毛の関係とは?

動脈硬化や脳卒中、ガンなど重篤な疾病の原因と言われるタバコですが、実は薄毛の原因にもなるのです。主にタバコが髪の毛に影響を与える要因として以下の3点が挙げられます。

血行不良の原因となる

タバコに含まれているニコチンは中枢神経や末梢神経に作用して快感を与えるのですが、同時にさまざまな影響を体にもたらします。体内の毛細血管が収縮するのもニコチンが人体に及ぼす影響の1つですが、この作用が髪の毛には良くないのです。

血行が悪くなると十分な血液が毛母細胞まで届かなくなるため、髪の毛の成長がしにくい頭皮環境となってしまいます。

余談ですが、血行が悪くなると疲労物質が体内に溜まって筋肉が凝り固まるため、肩こりや腰痛などの原因にもなります。

ビタミンを破壊する

体に良いとされるビタミンですが、髪の毛の成長にも欠かせない栄養素です。例えばビタミンB12は毛母細胞の分裂を促す働きがありますし、ビタミンEは血行を良くする働きがあります。

タバコに含まれるニコチンやシアン化水素といった物質はビタミンを破壊する性質があります。

男性ホルモンの分泌が異常に多くなる

タバコを吸っていると男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの量が増えると言われています。非喫煙者と喫煙者を比較すると、喫煙者の方がジヒドロテストステロンの量が3割ほど多かったとされる研究結果もあるくらいです。

ジヒドロテストステロンと毛根にある男性ホルモン受容体が結合すると髪の毛の成長が止まってしまうので、ジヒドロテストステロンを異常に分泌させるタバコを吸っていると薄毛の可能性も高まるというわけです。

これを機会に禁煙してみては?

髪の毛にもさまざまな悪影響を及ぼすタバコ。もちろん、タバコを吸っているからといってすぐにハゲるわけではありませんが、長期的に見ると髪の毛に良くないのはおわかりいただけたかと思います。

ただでさえ体に悪いタバコ。世の中の風潮が禁煙となってきて、今後ますます煙たがられるのは間違いないようです。

タバコを辞めると薄毛の予防につながるだけでなく、病気リスクの低減や、臭いがしない、ご飯がおいしくなる、タバコ代がかからずに貯金が増えるとメリットももりだくさん。ぜひ、これを機会に禁煙してみましょう。

まずは専門家に相談!

毛髪のメカニズムやあらゆる知識もネットで調べるとさまざまな情報が見つかります。確実な薄毛治療のためには、正しい知識で的確な治療方法を選択することが重要です。まずは、カウンセリングの充実した専門クリニックで、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

サイトマップ