ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

薄毛治療おすすめクリニック3選

  • 聖心毛髪再生外来

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
  • 恵比寿美容クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    あり
    総合
    得点
    3/3
  • 湘南美容外科クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
本当に効果のある薄毛治療を探せ » 毛髪に関する基礎知識 » ヘアサイクルを知る

ヘアサイクルを知る

ここでは、髪が生え変わる仕組み、すなわちヘアサイクルについて解説します。

ヘアサイクルとは?

髪は毛母細胞から生まれてから伸び、自然に抜けてまた生え変わるということを繰り返していますが、生まれるから抜け落ちるまでの一連の周期をヘアサイクルと言います。

ヘアサイクルには大きく分けて成長期退行期、そして休止期という3つの段階があり、2~6年周期で成長と休止を繰り返しています。

ヘアサイクル

成長期とは、髪の毛が生まれてまさに髪がグイグイと成長している時期。退行期とは、その成長のスピードが弱くなってくる時期。そして休止期とは、髪の成長が止まって抜けるのを待っている時期を指します。

髪は、1本1本このサイクルがバラバラです。ある髪は成長期、ある髪は休止期、といった具合です。普段はサイクルが1本ごとに異なるため、少し髪が抜けても極端に頭髪が薄くなることがありませんが、このサイクルに狂いが生じたり、成長期がなくなったりすると徐々に薄毛が始まっていきます。

3つのサイクルを詳しく解説

ヘアサイクルの3つの段階、「成長期」「退行期」「休止期」について、段階ごとに解説します。

成長期

髪の毛が新たに生まれて、グングンとどこまでも成長せんばかりの元気な時期です。この時期は、短くても2年、長ければ6年続きます。

髪全体の9割は、この成長期にあると言われていますが、薄毛が始まった人は、その比率が下がります。この時期には、頭皮の内部にある髪を作り出す組織「毛母細胞」が活発に働いていて、細胞分裂を繰り返すことによってどんどん髪の毛を成長させています。

退行期

毛母細胞の働きが急に鈍くなって、成長のスピードが緩やかになりり、この状態が約2週間程度続きます。髪の毛が成長しきってしまってこれ以上伸びないという段階ですね。

退行期に入った髪は同時に、髪の毛に含まれるメラニン色素を生成する細胞の活動も弱まってしまうので、白髪になることもあります。

休止期

毛母細胞の働きが終了し、髪は成長をストップします。この時期は3ヶ月~4ヶ月程度続きますが、通常であればこの後にまた成長期がやってきます。

この3~4ヶ月の間に、実は毛根で新たな髪が生まれるための準備が始まっています。新たな髪が生まれてくるとともに、役目を終えた休止期の髪は抜け落ちます。

ちなみに、健康な人の場合、1日に100本程度の髪が休止期を終えて抜け落ちていると言われます。

休止期、成長期、そしてハゲ

人間の髪全体のうち約10%は休止期に入っていると言われていて、いつ抜け落ちてもおかしくない状態となっています。

通常のヘアサイクルは先程ご説明したように2年~6年ですが、数か月~1年程度で成長期を終えてしまう髪もあります。人間に個性があるように、髪にも個性があるのですが髪全体のうち約10%は休止期に入っていると言われます。いつ髪が抜けてもおかしくない状態となります。

また、通常のサイクルの2年~6年ではなく、人によっては数か月~1年程度で成長期を終えてしまうこともあります。人間に個性があるように、髪にも個性があるのです。

しかし、こうした短命な髪が増えていくと、休止期の髪が10%どころではなく、もっと増えてしまいますね。髪の毛の成長期が極端に短い、あるいは休止期から成長期に移行しない状態の毛根が多くなることでハゲが進行してしまうのです。

まずは専門家に相談!

毛髪のメカニズムやあらゆる知識もネットで調べるとさまざまな情報が見つかります。確実な薄毛治療のためには、正しい知識で的確な治療方法を選択することが重要です。まずは、カウンセリングの充実した専門クリニックで、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

サイトマップ