ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

薄毛治療おすすめクリニック3選

  • 聖心毛髪再生外来

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
  • 恵比寿美容クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    あり
    総合
    得点
    3/3
  • 湘南美容外科クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
本当に効果のある薄毛治療を探せ » 毛髪に関する基礎知識 » 帽子をかぶるとハゲる?

帽子をかぶるとハゲる?

よく「帽子をかぶるとハゲる」と言われますが、果たしてホントなのでしょうか?薄毛と帽子の関係を見ていきましょう。

帽子をかぶるとハゲるのか?

結論から言いますと、帽子をかぶり続けると薄毛になる可能性は高まります。帽子を原因とした薄毛は「圧迫性脱毛症」というれっきとした名前もついているくらいです。

だれにでも起こる圧迫性脱毛症

その名前のとおり頭部が圧迫されることが原因で薄毛になります。帽子などで頭部を締め付けると頭皮の血流が悪くなり、髪の毛を成長させる毛母細胞に栄養素や酸素が行かなくなります。やがて毛母細胞の働きが弱まって髪の毛の成長が止まってしまい、髪の毛が抜けてしまうのです。

特に帽子やヘルメットをかぶる機会が多い警察官や工事現場・工場の作業員は圧迫性脱毛症に悩んでいる人が多いと言われています。

通常、AGAは男性に起こる症状ですが、圧迫性脱毛症は女性にも起こり得る症状ですので、「女だから大丈夫」とは言えません。

また、帽子やヘルメットをかぶることで頭皮が汗や脂で蒸れることも薄毛の要因となりますので注意が必要です。

圧迫性脱毛症は血行障害で起こる一時的な症状なので、しっかりと頭皮の血行を改善してあげれば2週間ほどで良くなると言われています。

帽子でハゲないためには――

帽子もハゲる原因になるのはおわかりいただけたかと思いますが、一方で紫外線を防ぐためのアイテムにもなります。帽子の選び方やかぶり方さえ間違えなければ帽子をかぶることはむしろ薄毛予防に効果的だと言えます。

そこで、ここからは薄毛を防ぐための帽子の選び方とかぶり方を見てみましょう。

帽子の選び方

帽子のかぶり方

帽子はサイズがちょうど良いものを適度にかぶるべき

圧迫性脱毛症の一番の原因は帽子が頭のサイズに対して小さすぎることですので、少し余裕があるくらいの大きめの帽子を選びましょう。試着してみて「窮屈だな」と思ったら頭皮が締め付けられている証拠です。

また、帽子は屋外など最低限にとどめて、どうしても長時間かぶらなければいけない場合はこまめに脱ぎましょう。帽子を脱ぐことで血行不良や頭皮のムレを防ぐことになります。

帽子をかぶるとハゲる可能性が高まるという噂はホントなのですが、正しく着用すればその危険性もぐっと下がりますし、むしろ髪の毛や頭皮を守るアイテムとして活躍してくれます。

まずは専門家に相談!

毛髪のメカニズムやあらゆる知識もネットで調べるとさまざまな情報が見つかります。確実な薄毛治療のためには、正しい知識で的確な治療方法を選択することが重要です。まずは、カウンセリングの充実した専門クリニックで、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

サイトマップ