ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

薄毛治療おすすめクリニック3選

  • 聖心毛髪再生外来

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
  • 恵比寿美容クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    あり
    総合
    得点
    3/3
  • 湘南美容外科クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
本当に効果のある薄毛治療を探せ » 薄毛の原因!AGAとは?

薄毛の原因!AGAとは?

AGAは男性の薄毛を引き起こす主たる原因となっており、多くの男性を悩ませる症状です。まずはAGAについて知ることが薄毛対策の第一歩です。こちらではAGAに関する知識を隅々まで解説していきます。

AGAとはどんな病気?

AGAとは、男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)のことを指す略語です。この病気は、加齢によるものではないため、幅広い世代の男性に見られる男性特有の病気です。一般に「若ハゲ」と呼ばれるものもAGAに含まれます。

男性型脱毛症とは、毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり、休止期にとどまる毛包が多くなることを病態基盤とし、臨床的には前頭部と頭頂部の頭髪が、軟毛化して細く短くなり、最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象である。休止期脱毛と異なり、パターン化した脱毛が特徴である。

引用元:日本皮膚科学会-男性型脱毛症診療ガイドライン(https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf)

日本皮膚学会が出している『男性型脱毛症診療ガイドライン』には以上のように定義されています。

近年の男性が直面しているほとんどの薄毛の原因は、このAGAだと考えられています。日本の薄毛人口は全人口の10分の1とも言われているため、AGAとは日本男性の多くを悩ませる大衆的な病気なのです。

25年前の本邦における男性型脱毛症の統計から、日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約30%と報告されている。この発症頻度は現在もほぼ同程度であり、20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%と年齢とともに高くなる。

引用元:日本皮膚科学会-男性型脱毛症診療ガイドライン(https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf)

『男性型脱毛症診療ガイドライン』では年代が高ければ高いほどAGAで悩んでいる人の割合が多くなり、50代以上では4割もの人がAGAで悩んでいるとされています。

AGAの症状の特徴とは?

通常、頭頂部や生え際から薄くなっていくことが多く、側頭部や後頭部に症状が見られることはほとんどないのがAGAの特徴です。

AGAは進行性の病気ですが、その進行はとてもゆっくりです。そのため、気づいたときにはAGAが進行していたということがよく起こりえます。気づかずに放置していると、いつの間にか薄毛になっているということも。

とはいえ、1度AGAが発症すると、「もう髪の毛が生えてこなくなる」というわけではないので安心して下さい。AGAは、生えなくなる病気でも、抜けやすくなる病気でもなく、髪の毛が正常に成長しなくなる病気なのです。

健康な人の髪の毛は、ある期間が経つと自然に脱毛し、また新たな髪の毛が生えてくるという成長サイクルを繰り返しています。新しい髪の毛が生えてくるとき、通常は成長期というものがあり、時間をかけて太く長い髪の毛が作られます。

しかし、AGAになった場合、髪の毛が成長し始めた直後の、うぶ毛の時点で脱毛の準備が進みます。すると、頭皮から髪の毛は生えてきますが、細く短い髪の毛のうちに抜けてしまうのです。このため、AGAの症状が現れている部分は、ほとんど髪の毛があるようには見えません。

AGAのメカニズムとは?他の脱毛症とどう違う?

AGAが薄毛の原因の大半を占めているということが理解できたら、もう少し詳しくメカニズムや他の脱毛症との違いなども見ていきましょう。

AGAのセルフチェック

まずはご自分がAGAかどうかをチェックしてみましょう。髪の毛を見ればAGAの危険性があるのかどうかをかんたんに確認することができます。もし該当するようであればクリニックで診てもらいましょう。

また、「抜け毛が増えた」「頭頂部の生え際が薄くなってきた」など、頭部全体の状態からもチェックすることができます。まずはしっかりとAGAの特徴を押さえておきましょう。

AGAのメカニズム

AGAのメカニズムは男らしい体を作る男性ホルモンが関係しています。こちらのページでは男性ホルモンがどんな動きをして薄毛を引き起こしているのか、学術的な根拠も踏まえながらご紹介します。

クリニックでもこうしたメカニズムから薄毛を改善していく治療薬などが処方されるので、クリニックに行く前にしっかりと頭に入れておきましょう。

AGA治療を成功に導くポイント

AGAを治療すると髪の毛が生えてきてコンプレックスだった薄毛も改善されて、再び自信が持てます。フサフサな髪の毛は若々しい印象をあたえるので、ぜひとも薄毛は改善したいものです。

しかし、薄毛は一朝一夕では治らないもの。それなりに時間と費用が掛かりますので、ご自分に合った治療方法を選択することが重要です。

他の脱毛症との違い

薄毛とひとことで言っても原因や症状はざまざまで、全てAGAが原因とは言えません。加齢によるものや、円形脱毛症など多くの脱毛症があるので、特徴を知って正しい対策を取ることが重要です。

こちらのページではAGAと、円形脱毛症・老人性脱毛症・粃糠(ひこう)性脱毛症・圧迫性脱毛症という4種類の脱毛症との違いをまとめました。それぞれどのような特徴があるのかをしっかり把握して、自分はどれに該当するのかセルフチェックしてみましょう。

AGAは遺伝する?

巷では「ハゲは遺伝する」と言われています。「お父さんがハゲているから」「おじいさんがハゲているから」と心配している方も多いかもしれませんが、真偽の程はどうなのでしょうか?専門的な知見も交えて検証してみます。

女性だからといって安心するべからず!FAGAとは?

冒頭でもご説明したように、AGAは「男性型脱毛症」のことです。「男性型って言われてるくらいだから女の私には関係ないよね」「男性ホルモンが関係しているんだから女性はハゲないよね」と思い込むのは大間違い。女性もFAGA(女性男性型脱毛症) という、女性版AGAになる危険性は大いにあり、日本では600万人がFAGAに悩んでいると言われています。

その原因は男性のAGAと同じく男性ホルモン。女性の体の中にも男性と比較すると少ないものの男性ホルモンが存在しています。

普段は体内の男性ホルモンと女性ホルモンの量はバランスが取れているため、薄毛になることはありませんが、女性ホルモンの量が少なくなり、相対的に男性ホルモンの量が多くなるとFAGAが発症します。

特に女性ホルモンの分泌量が少なくなる中高年女性や、女性ホルモンの分泌が不安定になりがちな妊娠・出産後はFAGAになる危険性が高まります。女性でも薄毛になりうるということを念頭に置いておきましょう。

AGAは性別や年齢関係なく、誰でも発症する可能性があります。まずはご自分がAGAかどうかをセルフチェックしてみて、もしAGAの疑いが濃厚であれば、クリニックで専門家である医師に診てもらうことをおすすめします。

まずは専門家に相談!

毛髪のメカニズムやあらゆる知識もネットで調べるとさまざまな情報が見つかります。確実な薄毛治療のためには、正しい知識で的確な治療方法を選択することが重要です。まずは、カウンセリングの充実した専門クリニックで、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

サイトマップ