ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

薄毛治療おすすめクリニック3選

  • 聖心毛髪再生外来

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
  • 恵比寿美容クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    あり
    総合
    得点
    3/3
  • 湘南美容外科クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
本当に効果のある薄毛治療を探せ » いざ潜入!薄毛治療クリニック編 » ヘアメディカル

ヘアメディカル

ヘアメディカルでは体内のホルモンやサイトカイン(生理活性物質)に作用する薬剤を、経口投与または外用薬として塗布することによる薄毛治療を行っています。

薄毛の原因によって発毛の効果には差がありますが、多くは3ヵ月~6ヵ月で改善の兆候が見られるそうです。

ヘアメディカルの薄毛治療と料金

コース 施術回数 初回料金(税込) 継続料金(税込)
通常の薄毛治療 月1回 45,750円 30,000円
遺伝子検査 1回 20,520円 -
毛髪ミネラル分析 1回 10,800円 -

ヘアメディカル潜入レポート

ヘアメディカルは城西クリニックやAACクリニックなど、発毛専門クリニックを統括したグループの総称です。国内トップクラスの治療実績があることが特徴で、知名度も高いため予約が取れないほど人気があるそうです。

今回はヘアメディカルの東京支部でもある城西クリニックに、潜入取材を試みました。

ヘアメディカルのヘアチェックに行ってみた

ヘアメディカルの潜入メモ

実際にヘアメディカルの人気ぶりは真実で、私も予約が取れたのは1ヶ月以上先になってしまった。

場所は新宿、立派なビルの14階にクリニックがある。院内は清潔な印象で、クリニックというより病院のようにスペースが広く設備も整っている。受付で貰った問診表に記入を終えて待っていると、名前を呼ばれて個室に案内された。

椅子と机があるだけの簡単な部屋で、白衣を着た女性による問診が行われる。女医さんだろうか。問診が終わると診療システムの説明に入った。初診料は15,000円だと言う。保険が効かないとは言え、少々高いという印象は拭えない。

採血検査で問題がなければ、薬を処方してくれるそうだ。再診の場合は診療費と薬の合計で、1ヵ月30,000円とのこと。白衣の女性はひと通り薬の注意事項などを説明した後、シャンプーやコンディショナー、サプリメントなどのパンフレットを私の前に広げた。受付で購入できるのだそうだ。

今度は看護士につれられて別室に移動。そこでは私の頭部の写真撮影と、体脂肪測定が行われた。終わって待合室で待つことしばし、再び名前呼ばれていよいよ診察の開始だ。

いよいよ医師の診察が始まる

ヘアメディカルの潜入メモ

診察室には恰幅のいい男性医師。どうやら先ほどの白衣の女性は、医師ではなかったようだ。

男性医師は開口一番「あなたには必要ないみたいですねえ」…潜入失敗かとうろたえながらも、いや髪が良く抜けるの薄くなったような気がするのと言い訳を連ねる。

「歳相応じゃないですか。自然現象ですよ」と医者は全く動じない。私が皮脂が気になると言うと「うちでもシャンプーを作っていますから、それで毎日洗ってくれればいいです」だそうだ。

それからシャンプーの説明が始まった。ヘアメディカルが独自に作って販売しているシャンプーは、スカルプDシャンプーという。脂性肌用と乾燥肌用と2タイプあって、これで脂はスッキリ取れるらしい。

シャンプーにはさらに上のランクがあって、そちらはスカルプDディグニティプレミアムシャンプーという。舌を噛みそうな名前だ。ノコギリヤシ成分を従来の10倍配合したシャンプーで、育毛効果が望めるそうだ。価格は10,290円

しかし医師によるとシャンプーはあくまでおかずに過ぎないのであって、処方する薬の効果を助ける程度のものだと言う。それにしては少し高いかも知れない。

診断の結果からは、私の抜け毛はストレスによるものだが遺伝的素質もあるため将来的に脱毛が始まる恐れがあるということになった。

「遺伝子検査を受けるといいですね」という申し出は願ったり叶ったりだったので料金を聞いてみた。すると遺伝子検査には19,000円かかるので初診料と合わせて、今日の料金は29,000円になるそうだ。白衣の女性からの説明では初診料15,000円ということだったが、薬を処方する必要がないので10,000円になるらしい。

「遺伝子検査の結果で必要なら、予防のためにプロペシアを出せます」と医師。遺伝子検査をしてもらうために別室で採血をして、この日はクリニックを後にした。

ヘアメディカル潜入レポートのまとめ

ヘアメディカルの潜入メモ

遺伝子検査の結果を聞くためにヘアメディカル(城西クリニック)を訪れたのは、1ヶ月後。

今度の医師は前回よりだいぶ年齢も高く、ベテランの感じがする。「遺伝子検査の結果がでているので、まずお渡しします」と1枚の紙を渡された。

紙には色々な文字が書き込まれているが、なんのことだかさっぱり解らない。医師によると、これは男性ホルモンの遺伝子の解析なのだそうだ。

シトシン、アデニン、グアニン、チミンという聞きなれない塩基の配列を調べることで男性ホルモンの受容体に関する遺伝子の情報が解るとか。それで結果はどうなのかと逸る気持ちを抑えて説明を聞いていること数分。ようやく「あなたの遺伝子解析の結果は…」と医師が口にした。

身を乗り出して聞き取ろうとする私に告げられたのは「ハゲやすいとも、ハゲにくいとも言えない」という言葉。ちょうど境界領域なのだそうだ。「年齢相応のハゲ方をすると思いますよ」とさらりと言われてしまった。

喜んで良いのか悪いのか複雑な心境だ。結局、私は治療の必要はないということで「受付でシャンプーを売ってますので、ご検討ください」という医師の言葉を背に診察室を出た。

※城西クリニックは、名称新たに「メンズヘルスクリニック東京」として移転しました

サイトマップ