ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

薄毛治療おすすめクリニック3選

  • 聖心毛髪再生外来

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
  • 恵比寿美容クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    あり
    総合
    得点
    3/3
  • 湘南美容外科クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
本当に効果のある薄毛治療を探せ » 脱毛症の種類とは? » 牽引性脱毛症

牽引性脱毛症

髪を縛ることによって女性に多く見られる牽引性脱毛症の原因と対策、治療法について解説します。

牽引性脱毛症とは?

女性の場合は特に髪を縛ることによって牽引性脱毛症が起こる可能性が高いです。ファッションのためにしているヘアアレンジがハゲる原因となってしまいますので注意しましょう。

牽引性脱毛症の原因と対策

髪が長い女性はポニーテールや三つ編み、お団子ヘアーなどさまざまなヘアアレンジを楽しんでいることと思いますが、それが薄毛の原因にもなってしまうのです。

髪を結ぶと髪の毛が引っ張られてしまい髪の毛が抜けやすくなってしまうのはもちろん、毛根にもダメージを与えて髪の毛が弱くなってしまい、やがて薄毛となります。さらに頭皮がずっと引っ張られるため血行も悪くなり、髪の毛の成長に必要な酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまいます。

特に分け目を同じところに作っている場合、同じ毛根にダメージがかかり続けるため、分け目の髪の毛が薄くなってしまいますので注意が必要です。

大人の女性だけでなく、髪の毛を結ぶ機会が多い子供にも見られる症状なので、親御さんは注意して見てあげましょう。

また、ヘアアイロンやエクステも要注意。強い力が掛かるため、髪を結ぶのと同様に薄毛の原因となってしまいます。

髪の毛を短くして縛らないのが一番の対策法ですが、結ぶ回数やヘアアイロン・エクステを減らすだけでも頭皮へのダメージを軽減することにつながります。

また、いつも同じところに分け目を作っている人は、日によって分け目の位置を変えていくのも効果的です。

牽引性脱毛症の治療法

髪の毛を引っ張らないようにすれば新しい髪の毛も生えてきて薄毛も気にならなくなります。ただし髪の毛が生えてくるまで時間が掛かるので気長に待つことが重要です。

頭皮マッサージを行って頭皮の血行を良くしたり、海藻などを食べてミネラルを補給したりすることで髪の毛の成長を早める効果が期待できます。

なかなか改善されないという場合には医師に相談して育毛剤を紹介してもらうのも良いかと思います。

まずは専門家に相談!

毛髪のメカニズムやあらゆる知識もネットで調べるとさまざまな情報が見つかります。確実な薄毛治療のためには、正しい知識で的確な治療方法を選択することが重要です。まずは、カウンセリングの充実した専門クリニックで、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

サイトマップ