ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

薄毛治療おすすめクリニック3選

  • 聖心毛髪再生外来

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
  • 恵比寿美容クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    あり
    総合
    得点
    3/3
  • 湘南美容外科クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
本当に効果のある薄毛治療を探せ » 脱毛症の種類とは? » 圧迫性脱毛症

圧迫性脱毛症

「帽子をかぶっているとハゲる」というのは迷信ではありません。圧迫性脱毛症の原因と対策、治療法について解説します。

圧迫性脱毛症とは?

「帽子をかぶるとハゲる」ということを耳にしたことがある人も多いかと思いますが、これにはちゃんとした根拠があるのです。こちらでは帽子やヘルメットによって薄毛になる圧迫性脱毛症についてご紹介します。

圧迫性脱毛症の原因と対策

帽子やヘルメットを長時間かぶっていると頭が圧迫されたり、頭皮が蒸れたりします。すると頭皮の血行が悪くなったり、頭皮が荒れたり、髪の毛に負担をかけることによって脱毛につながるのです。

特に帽子やヘルメットをかぶる機会が多い工事現場や工場の作業員、警察官、あるいはバイクのライダーなどに発症が多いと言われています。

また、女性の場合は帽子をかぶることに加えて髪を縛るのも原因です。髪を強い力で引っ張ったり、同じ箇所に分け目を作ることで、毛根が弱くなってしまって髪の毛が抜けたり生えてこなくなってしまいます。こうした髪を縛ることによって起こる症状は「結髪性脱毛症」と呼ばれます。

対策としてはなるべくこまめに帽子を脱いで頭を圧迫しない・頭皮を蒸らさないことです。仕事で帽子やヘルメットをかぶっている人は休憩中に、ファッションで帽子をかぶっている人は屋内では脱ぐことを心がけてください。(屋内で帽子をかぶっているとマナー違反にもなります)。そのときに汗を拭き取って頭皮を清潔な状態に保ちましょう。

また、女性の場合はなるべく弱めに髪を縛る、あるいはショートカットなど髪の毛を縛る必要がないヘアスタイルにすることで結髪性脱毛症を防ぐことができます。

圧迫性脱毛症の治療法

圧迫性脱毛症の場合は頭の圧迫や髪の毛のダメージを軽減すれば自然と改善されていきますが、早めに治療したいということであれば育毛剤などもおすすめです。

ただし帽子をかぶることや、髪の毛を強く縛るのを控えても髪の毛が生えてこないという場合は遺伝や男性ホルモンの影響など、他の原因も考えられます。なかなか改善されない場合はクリニックに相談してみたほうが良いでしょう。

まずは専門家に相談!

毛髪のメカニズムやあらゆる知識もネットで調べるとさまざまな情報が見つかります。確実な薄毛治療のためには、正しい知識で的確な治療方法を選択することが重要です。まずは、カウンセリングの充実した専門クリニックで、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

サイトマップ