ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

ネット情報だけでは解らない薄毛治療の全貌を解明

薄毛治療おすすめクリニック3選

  • 聖心毛髪再生外来

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
  • 恵比寿美容クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    あり
    総合
    得点
    3/3
  • 湘南美容外科クリニック

    問診対応
    あり
    無料検査
    あり
    無料治療
    なし
    総合
    得点
    2/3
本当に効果のある薄毛治療を探せ » 脱毛症の種類とは? » びまん性脱毛症

びまん性脱毛症

髪の毛が全体的に薄くなるびまん性脱毛症の原因と対策、治療法について解説します。

びまん性脱毛症とは?

びまん性脱毛症とは、髪の毛が全体的に薄くなる症状で、男女ともに発生する可能性がありますが、特に中年女性に多い脱毛症です。

びまん性脱毛症の原因と対策

脱毛に関係している要素の1つに体内のホルモン量が挙げられます。女性ホルモンは子宮や卵巣など女性の生殖機能をサポートする働きはもちろん、美しい肌や髪の毛を維持する役割もあります。

一方、男性ホルモンの1つであるテストステロンは男性らしい体づくりをサポートするものですが、5αリクターゼという酵素と結びつくとジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変質します。

このジヒドロテストステロンが髪の毛の成長に関係する毛母細胞と結合すると髪の毛の成長が抑制されてしまいます。

男女問わず男性ホルモンと女性ホルモンの両方が体内に存在していますが、特に女性の場合は30歳を過ぎると肌や髪の毛を維持する女性ホルモンの量が徐々に減少していくため、相対的に男性ホルモンの量が多くなり、びまん性脱毛症になる可能性が高まります。

特にストレスや睡眠不足になると、闘争本能を高めてストレスに打ち勝とうと体が反応するため男性ホルモンの分泌量が多くなって薄毛になりやすくなるので、しっかりと睡眠をとって疲れを溜め込まないことが重要です。

また、女性ホルモンに近い働きをする「大豆イソフラボン」や、ジヒドロテストステロンの分泌をコントロールすると言われている「亜鉛」などの栄養素を摂取するのも良いでしょう。

びまん性脱毛症の治療法

加齢とともに女性ホルモンの量が減少していくのは致し方ない面もありますが、やはり髪の毛が薄くなるのは気になるもの。

ジヒドロテストステロンの生成を抑えるプロペシアやザガーロなどの治療薬を飲むことで、毛母細胞の活動がもとに戻り抜け毛が減少して、新しい髪の毛が生えてくるようになります。

こうした治療薬はクリニックで処方してもらえるので、薄毛が気になる場合には医師に相談してみましょう。

まずは専門家に相談!

毛髪のメカニズムやあらゆる知識もネットで調べるとさまざまな情報が見つかります。確実な薄毛治療のためには、正しい知識で的確な治療方法を選択することが重要です。まずは、カウンセリングの充実した専門クリニックで、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

サイトマップ